レディー

福岡市内のなかでもよりよい美容外科を探す場合について

メスを使わない整形

看護師

芸能人が暴露話として、整形をしたことがあると話すことがあるように最近では整形の考え方が変わってきています。このことから、自分も整形してみようという人たちが増えてきて、多くの美容外科が設立されています。福岡県内でもそういった傾向がみられており、数々の整形を行える美容外科ができています。しかし、一般的に整形には費用がかかったり、大きな手術といったイメージがあります。こういったイメージからプチ整形という方法が多くなってきています。プチ整形というのは、メスを使わずにかんたんに行うことができたり、費用や時間があまりかからずに済む整形方法を指すことが多いです。このプチ整形では、一重瞼から二重瞼にしたり、鼻を高くしたりするといった様々な目的があります。通常、二重瞼に整形する場合にはメスを使って瞼の一部を切り取って縫い合わせる手術が必要でしたが、このプチ整形では特殊な糸で瞼にしわを作り二重にすることができます。また、もし二重のしわのラインが好みでなかったり、変えたい場合には糸をとることでまた一重瞼に戻すことも可能なのです。さらに一度戻したあと、また瞼にしわを作って違う形の二重瞼にすることもできます。この方法は、瞼を切って縫い合わせる整形手術と違ってやり直しが利くといった面で大きなメリットといえるでしょう。
目の二重整形以外にも鼻を高くするために福岡県内の美容外科ではプチ整形があります。プロテーゼといった方法は、シリコンを手術を受ける本人と一緒に作成していきこれを鼻の内部につけるといった整形手術が一般的です。ただし、このプロテーゼを入れる際にどうしても鼻の一部を切らなくてはなりません。さらに美容外科では作成するシリコンも本人の体質や鼻に入れるサイズなど細かな部分に注意しなければならないため時間がかかってしまいます。こういったことに対して福岡の美容外科のプチ整形で行う方法は、ヒアルロン酸といった成分やレディエッセという方法を用いることができます。このヒアルロン酸やレディエッセで使う成分は、体のなかにも存在する成分のため、比較的人体に影響を与えにくいのです。切る必要がなく、注入になるため手軽に行うことができます。ただし、プロテーゼは効果が持続的に続くものに対し、プチ整形で行う方法では永久的に効果が得られるわけではないので、どちらもメリット、デメリットがあります。このことから、自分に合った方法を福岡県内の美容外科から選んで行うといいでしょう。